読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みよっ。

映画のアレコレをつらつら書いていきます

2016年 『ブラック・スキャンダル』(1/30)

洋画

伝説のギャングの半生を、ジョニー・デップが演じたブラック・スキャンダル

f:id:movie1201:20161218170331j:plain

<ストーリー>

全米を震撼させた禁断の"密約"を描いたクライム・サスペンス 

1975年、サウスボストンでアメリカの正義の根幹を揺るがす史上最悪の汚職事件が起きた。

マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリー(ジョエル・エドガートン)は、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げるギャングのボス、バルジャー(ジョニー・デップ)に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャー。出世欲の強いコノリーと名声を望む政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく――。そう彼らは同じ街で育った幼馴染だったのだ。悪の象徴であるバルジャーにより徐々に取り込まれていくFBI、思惑とは別に欲望の歯車が狂い始める――。

やがて地元紙のスクープで彼らの悪事が明らかになった時、彼らに訪れる衝撃の結末とは。ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる! (公式サイトより)

ドキュメンタリーではなく、実話を基にした“映画”ならもう少し物語性がほしかったなぁ。こういう人がいて、こういう事をしました、というのを説明しているだけな感じがしたので映画としてはどうかな? と思った。

「アメリカ史上最悪の汚職事件」という面白いネタだったので観に行ったけど……。

このスキャンダル自体は「全米を震撼」させたのかもしれないけどね。これなら、警察官による組織的な裏金作りや覚せい剤取引や拳銃売買が明るみになった稲葉事件を基にした邦画『日本で一番悪い奴ら』の方が“映画”になってたと思う。

f:id:movie1201:20161218170245j:plain

ジョニー・デップの静かな狂気の演技を楽しむのはありなのかも?