読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みよっ。

映画のアレコレをつらつら書いていきます

第40回日本アカデミー賞

最優秀作品賞は『シン・ゴジラ』!!

本命がきっちり獲った感じ。監督賞も庵野さん&樋口さん受賞で納得。
これで俳優が賞獲ってたら出来レース過ぎて作品賞と監督賞の価値が下がってたけど、それがなくって良かった。

そして、第40回日本アカデミー賞でみかんが一番気になっていたのがアニメ。

この世界の片隅に』が受賞して嬉しい。

f:id:movie1201:20161117003550j:plain

君の名は。』は良かったけど、新海誠監督の作品というよりも東宝アニメって感じだったから。この作品で「新海誠」という名前が脚光を浴びたから、次回作はこれまでのような新海監督だなぁって存分に思える作品を作って欲しい。
もう一つ うがった見方で言うなら、『君の名は。』が東宝事業部の作品じゃなくて東宝本体のアニメ作品だったなら、結果は違っただろうなぁ。これで東宝本体+ジブリ出身の米林宏昌監督の長編アニメーション『メアリと魔女の花』で来年のアニメーション部門獲らせる伏線はばっちり!? ヒロイン役は杉咲花ちゃんだし……。(最優秀助演女優賞おめでとう!!)

この世界の片隅に』受賞で残念だったのが、のんちゃんが会場にいなかったこと。この作品は片渕監督が執念で作り上げた作品だけど、彼女がすずさんだったからここまでみんなの心を掴んだと思うのにな。

まあ、でも全体的に「妥当」。
最優秀主演男優と助演男優は佐藤浩市さんと妻夫木聡さんなら受賞して当然と思えるけど、でも、だからこそ今回はこの2人じゃなくても、と思ったぐらいで。

2016年の映画は素敵な作品多かったし、俳優さんたちもすごかったから、
受賞された監督や俳優さん制作現場の人たちには心から「おめでとうございます!!」
と言える。
けれど、東映は製作を縮小してきているから少し置いておくとしても……東宝・松竹の予定調和な感じはこれからも続くのかなぁ。